「Internet Explorer 11」のサポート終了まで残り1年に

本日6月15日で、Microsoftの「Internet Explorer 11」のサポート終了まで残り1年となりました。

同社は先月に「Internet Explorer 11」のサポートを2022年6月15日に終了することを発表しており、一般のユーザーは2022年6月16日までに「Microsoft Edge」に移行することを推奨しています。

今後の予定については、2021年8月18日にMicrosoft 365や他のアプリで「Internet Explorer」のサポートが終了となります。

なお、「Windows 10 LTSC」や「Windows Server」向けの「Internet Explorer 11」は引き続き提供される他、「Microsoft Edge」のIEモードは少なくとも2029年まではサポートされる予定です。

Microsoft、「Internet Explorer 11」のサポートを2022年6月15日で終了へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。