「Apple Music」のAndroid向け公式アプリ、最新ベータ版で空間オーディオとロスレスオーディオに対応

9To5Googleによると、AppleがAndroid向け「Apple Music」アプリの最新のベータ版(ver 3.6.0 beta)をリリースし、空間オーディオとロスレスオーディオに対応したことが分かりました。

アップデートすると、互換性のあるデバイスで空間オーディオに対応した楽曲を聴くことが出来るようになる他、ロスレスオーディオの視聴にも対応しています。

ロスレスオーディオは、「設定」に新たに「音質」の設定項目が追加されており、そこで有効化することで視聴可能になります。

また他にも、自動クロスフェード機能の追加やライブラリの検索機能の強化も行われており、本ベータ版で問題がなければ近いうちに正式にリリースされるものと予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。