「iPadOS 15」の「ファイル」アプリはNTFSのファイルシステムをサポート

Cult of Macによると、「iPadOS 15」ではWindows標準のファイルシステムの一つであるNTFS(NT File System)をサポートしていることが分かりました。

「iPadOS 15」の「ファイル」アプリはNTFSでフォーマットされたドライブに対応しており、同フォーマットの外付けドライブを接続することでファイルの読み込みに対応しています。

ただ、NTFSはMicrosoftがWindows用に開発したフォーマットでAppleがライセンスを取得していない為、「iPadOS 15」でもあくまで読み込みのみの対応で、書き込みは未対応となります。

また、「iPadOS 15」の「ファイル」アプリでは、大きなサイズのファイルを外付けドライブなどにコピーする際に進捗状況を示すアイコンが表示され、そのアイコンをタップするとプログレスバーが表示されるようになっています。(下記画像参照)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。