Microsoft、「OneDrive」アプリのAppleシリコンへのネイティブ対応は今年後半になることを明らかに

本日、Microsoftが、同社のクラウドストレージサービス「OneDrive」のMac向け公式アプリのApple シリコンへのネイティブ対応は今年後半になることを発表しました。

「OneDrive」のMac向け公式アプリは、現在はM1チップ搭載Macでの動作には「Rosetta 2」を使用しており、今年後半のアップデートでApple シリコンにネイティブ対応する予定とのこと。

また他にも、既知のフォルダ(デスクトップ、ドキュメント、ピクチャ)を「OneDrive」フォルダにリダイレクトする機能「Known Folder Move」をmacOS向けにも提供することや、ファイルステータスのアイコンデザインの刷新、パフォーマンスと信頼性の向上、IT管理者が特定のファイルタイプの同期を除外することが出来るようになる機能など、Mac向けの新機能や改良に関することも案内されています。

なお、詳細は下記記事をご覧下さい。

Microsoft works to ensure a great OneDrive experience on Apple products

[via Neowin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。