「WWDC21」のセッションから未発表の「Apple Watch」用文字盤「World Timer」の存在が明らかに

9To5Macによると、「WWDC21」のセッションから「Apple Watch」向けの未発表の新しい文字盤「World Timer(ワールドタイマー)」の存在が明らかになりました。

昨日の基調講演で「watchOS 8」向けの新しい文字盤として「ポートレート」が発表されていますが、この「World Timer」が「watchOS 8」の正式リリースまでに導入されるのか、まだ先になるのかは不明です。

また、「World Timer」の詳細は不明なものの、世界地図と世界の数十都市のタイムゾーンが表示されていることが確認出来ます。

もしかしたら今秋に発売される次期「Apple Watch」と共に導入される可能性もあります。

1 COMMENT

T

こういうのもいいけど、情報量の多いインフォグラフみたいなものの、バリエーションを増やして欲しいなぁ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。