「Windows 10」のSun Valleyアップデートでは「設定」アプリも刷新される模様

Microsoftは今秋に「Windows 10」向けの大型アップデート「Sun Valley」をリリースする予定ですが(一部では「Windows 11」になるとの噂もあり)、Windows Latestによると、「Sun Valley」では「設定」アプリが刷新されることが分かりました。

新しい「設定」アプリは新しいデザイン言語に基づいたものになり、ダークモードの完全対応やカラフルなアイコンの採用に加え、レイアウトも見直されるようで、主にユーザーインターフェイスのデザイン面での刷新となる模様。

また、ナビゲーションメニューが用意され、左側には「アップデートとセキュリティ」や「個人設定」「Bluetooth」などの主要なオプションが表示されるとのことで、他にもOSを管理するための新しいオプションなども導入される予定のようです。

なお、旧Windowsから残るコントロールパネルがどうなるのかはまだ分かっていないようです。

Microsoft、6月25日のイベントでは「Windows 11」を発表か Microsoftが6月25日に発表する次世代Windowsはやはり「Windows 11」か − 著名リーカーが示唆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。