「iPadOS 15」ではホーム画面の刷新やマルチタスクの改良などが行われる模様 − ロック画面の刷新は来年以降に

Appleは日本時間6月8日より世界開発者会議「WWDC21」を開催し、各種次期OSが発表される見込みですが、本日、Bloombergが「WWDC21」で発表される「iOS 15」と「iPadOS 15」に関する情報を報じています。

「iOS 15」と「iPadOS 15」では、通知機能が改良され、運転中、睡眠中、仕事中、邪魔されたくない時などの状況を設定できるようになり、それにより受信した通知をどのように処理するかを決めることができるようになります。

また、メッセージへの自動返信機能が強化され、画面上部に表示される受信通知のバナーのデザインも変更されます。

「iPadOS 15」では、ホーム画面が刷新され、カレンダー、天気、株価などの動的な情報を集約したウィジェットを画面上の任意の場所に配置できるようになる他、マルチタスクシステムも改善され、複数のアプリを同時に操作することが容易になるとのこと。

さらに、「メッセージ」アプリの機能強化やロック画面の刷新にも取り組んでいるものの、これら変更の一部は導入が延期されており、今年中には登場しない予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。