Apple、ベゼルレス化した新型「iPad mini」と薄型化した新型「iPad」を年内に発売か − 次期「iPad Pro」はワイヤレス充電対応との情報も

Bloombergが、事情に詳しい複数の関係者から得た新型「iPad Pro」や新型「iPad mini」に関する最新情報を報じています。

Appleは新型「iPad mini」を今年後半に、新型「iPad Pro」を来年に発売する予定で、新型「iPad mini」はディスプレイのベゼルがより狭くなる他、ホームボタンを取り除くことも検討されているようす。

新型「iPad Pro」では、ワイヤレス充電に対応するために、背面の素材を現在のアルミ製からガラス製に変えることが主なデザイン変更としてテストされているようですが、あくまでまだ開発の初期段階の為、計画が変更されたり、中止される可能性もあるとのこと。

他にも、「iPad Pro」にMagSafeシステムを導入することや、リバースワイヤレス充電機能もテストしているようです。

また、学生向けのエントリーモデルの「iPad」の薄型化にも取り組んでおり、この製品は早ければ今年末に発売される予定で、新型「iPad mini」とほぼ同時期に発売される模様。

さらに、Appleは開発を断念した「AirPower」のようなワイヤレス充電器をまだ模索しているようで、より長距離で動作する代替のワイヤレス充電方法なども検討されているようですが、これらの技術が製品化されるのは数年先のことになるとみられています。

4 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。