新型「Nintendo Switch」の仕様に関する噂 − ディスプレイは大型化も、本体サイズは現行からほぼ変わらない??

新型「Nintendo Switch」は今年9〜10月に発売される予定と言われていますが、その新型「Nintendo Switch」の仕様に関する噂が出て来ました。

新型「Nintendo Switch」に関する情報を報じているのはスペインのVandalというサイトで、これらの情報は新型「Nintendo Switch」に触れることが出来たというアジアの周辺機器メーカーからのものだそうで、同サイトが報じている内容をまとめると下記の通り。

  • ドック使用時に4K出力に対応
  • ゲーム機本体のサイズは現行モデルとほぼ同じ
  • 現行のJoy-Conだけでなく、各種周辺機器とも互換性あり
  • 大型の有機ELディスプレイを採用し、ベゼルは狭くなる模様
  • テーブルモード用のスタンドがSurfaceのスタンドように背面下部全体に拡大へ
  • microSDカードスロットが側面に配置され、アクセスし易くなる
  • 新型ドックのサイズは現行モデルとほぼ同じ
  • ドックには2つのUSB3.0ポートとイーサネットポートを搭載

同サイトの実績などが不明な為、あくまで噂として捉えておいた方が良さそうですが、情報筋によると、新型「Nintendo Switch」の生産は既に最終段階に入っているとのことで、情報が正しければ今後2週間のうちに発表される可能性があるそうです。

新型「Nintendo Switch」は今年9〜10月に発売か − まもなく発表される可能性も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。