「Apple Watch Series 3」、OSアップデート時に容量不足で復元が必要になる場合も

9To5Macによると、「Apple Watch Series 3」を利用する一部のユーザーから先日リリースされた「iOS 14.6」にアップデートした後に「watchOS」のアップデートが出来ないとの問題が報告されていることが分かりました。

ある報告例によると、「Apple Watch Series 3(GPS)」を利用するユーザーが連携させているiPhoneを「iOS 14.6」にアップデートした後に「watchOS」をアップデートしようとすると、アップデートに必要なストレージ容量が不足しているとの警告が表示され、アップデートを実行できない状態とのこと。

同じような問題は複数のユーザーから報告されており、「Apple Watch Series 3」の内蔵ストレージ容量が8GBしかないのが原因で、Appleは「Apple Watch」のペアリングを解除してアップデートする方法を推奨しています。

なお、このことから次期「watchOS」から「Apple Watch Series 3」はサポート対象外になるのではないかと予想されています。

容量不足でApple Watchをアップデートできない場合 – Apple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。