Twitterのサブスク「Twitter Blue」の月額料金が2.99ドルであることが確認される − カラーテーマやアプリアイコンのカスタマイズ機能も

先日、Twitterが準備を進めているサブスクリプションサービスの名称は「Twitter Blue」で、その利用料金は月額2.99ドルになるようだとの情報をお伝えしましたが、本日、そのことを報告していたアプリ・セキュリティ研究者のJane Manchun Wong氏が、「Twitter Blue」の料金について新たな情報を公開しています。

同氏は独自の方法でアプリの実験的機能を探し出すことで多数の実績がある人物で、今度はTwitterのiOS向け公式アプリから「Twitter Blue」の月額料金が2.99ドルであることを確認したと報告しています。アプリ内課金で2.99ドルということは、日本では370円になる可能性があります。

また、「Twitter Blue」では、リーダーモードやカラーテーマ、アプリアイコンのカスタマイズ機能が用意されることも確認されています。

なお、これまでに明らかになっている「Twitter Blue」の機能としては、ブックマークしたツイートをフォルダに分けて管理したりすることが可能な「コレクション」機能やツイート後数秒間であれば投稿を取り消すことが可能な「ツイートの投稿取消機能」なども利用可能になるとみられています。

【更新】
日本のApp Storeの同アプリのページからも「Twitter Blue」の価格が確認され、日本では350円になるようです。

また、正式名もそのまま「Twitter Blue」になるようで、ここまで用意されていることから近いうちに発表および導入されるものと予想されます。

Twitterのサブスクリプションサービスは月額約300円に − ツイート取り消し機能や新たなブックマーク管理機能を提供

1 COMMENT

匿名

各種規制の緩和はさすがに無茶な要求かな
個人的にはファボ規制の緩和だけでもありがたいんだけど

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。