Twitterの「スペース」がウェブ版でも利用可能に

本日、Twitterが、音声チャットルーム「Spaces(スペース)」がデスクトップ及びモバイルのウェブ版でも利用可能になったことを発表しています。

「Spaces」のウェブ版については、これまでに開発中であることを示す情報が何度か明らかになっていましたが、本日より正式に利用可能になりました。

なお、「Spaces」は、Twitter上で音声を使ってリアルタイムで会話する新しい方法で、フォロワー数が600人以上のユーザーがホストとなり「Space」を作成することが可能となっており、ホストを含め、最大11人がスペース内で同時に話すことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。