Anker、Thunderbolt 4対応のドッキングステーション「PowerExpand Elite 12-in-1 Thunderbolt 4 Dock」を今秋に発売へ

本日、Ankerが、Thunderbolt 4対応のドッキングステーション「PowerExpand Elite 12-in-1 Thunderbolt 4 Dock」を今秋頃に発売することを発表しました。

本製品は、2つのThunderbolt 4ポート、USB-Cポート、4つのUSB-Aポート、2つのHDMIポート、イーサネットポート、SD4.0カードスロット、オーディオジャックに接続が可能なドッキングステーション。

ディスプレイ出力については、ディスプレイ1台に接続する場合は最大8K(30Hz)の解像度で映像を出力可能で、最大4K(60Hz)に対応するHDMI 2.0ポートも2つ搭載しており、最大で3台のディスプレイに同時接続可能です。

また、20GBのファイルを最速わずか6.7秒で転送することが可能で、4つのUSB-Aポートのうち2ポートはUSB 3.1 Gen 2に対応しており、最大10Gbpsのデータ転送をサポートしています。

なお、価格は34,990円(税込)となります。

ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。