新型「MacBook Pro」、14インチは今年第4四半期、16インチは来年第1四半期に量産開始か

本日、台湾のDigiTimesが、ミニLEDディスプレイを搭載した「MacBook Pro」の発売が2022年までずれ込む可能性があると報じていることを紹介しましたが、その後、同サイトが同記事の完全版を公開し、台湾での新型コロナウィルスの感染が拡大し続けた場合、AppleのミニLEDディスプレイを搭載した新型「MacBook Pro」シリーズの量産が2021年第4四半期または2022年第1四半期に延期される可能性があると報じています。

Apple シリコンとミニLEDディスプレイを搭載し、デザインが刷新された新型「MacBook Pro 16インチ」の量産は2022年第1四半期(1〜3月)に、同14インチモデルの量産は今年第4四半期(10〜12月)に開始される予定とのことで、14インチモデルは今年第3四半期(7〜9月)より少量の生産が開始されるようです。

両モデルとも年内に発表されるようですが、新型「iPad Pro」や「iMac 24インチ」のように発表から発売までに時間を要したり、発売されたとしても当面は品不足が発生する可能性があるとみられています。

[via MacRumors

ミニLEDディスプレイ搭載「MacBook Pro」の登場、2022年にずれ込む可能性が浮上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。