Visaが「Apple Pay」に対応

本日、Visaが、Appleの「Apple Pay」への対応を日本で開始することを発表しました。

「Apple Pay」はAppleが提供するデジタル決済サービスで、Visaカードを「Apple Pay」に設定することにより、Visaのタッチ決済対応店舗、アプリやウェブ上などで、シンプルでスピーディーかつ安心・安全に支払いを完了することが可能になります。

また、「Apple Pay」は、モバイル端末でVisaのタッチ決済を実現するためのVisaのセキュリティ・プラットフォーム「Visa トークンサービス」を採用しており、「Visa トークンサービス」はVisaカードの番号や有効期限などの情報をトークンと呼ばれるデジタル識別子に変換することで、ユーザーがモバイル端末を使用して買い物をする際に実際のカード番号を使わずに決済を行う技術で、これにより、スマートフォンの紛失や加盟店への不正アクセス等によるカード情報の流出を防ぐことが​き、安心・安全なデジタル決済を可能にするとのこと。

「Apple Pay」の新規設定は本日より可能で、現在、「Apple Pay」にVisaカードを設定している方は、今後、自動的にVisaの決済機能が利用できるようになりますが、利用開始のタイミングは各カード発行会社により異なるそうです。

なお、Apple Pay対応のカードの発行会社は下記リンク先をご覧下さい。

Apple Pay – Visa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。