携帯各社、明日から新型コロナウイルスワクチン接種の電話予約に対する通信規制を一部で実施へ

本日、携帯電話各社が、新型コロナウイルスワクチン接種の電話予約に対し、明日5月10日から通信規制を一部実施する場合があることを案内しています。

現在、多くの自治体において新型コロナウイルスワクチン接種の電話予約が開始され始めていますが、リダイヤルなども含めて予約用電話番号への発信が集中することが想定され、警察や消防などへの重要な通信の確保およびネットワーク保護の観点から、携帯電話サービスおよび固定電話サービスにおいて、ワクチン接種の予約用電話番号に対する音声通話の通信規制を一時的に実施する場合があるとのこと。

今回の措置は、安定した通話環境を確保する目的で通信事業者各社が連携して実施するもので、ワクチン接種の予約番号につながらない場合は、時間をおいてからのかけ直しや、インターネットを活用した予約などを検討するよう推奨しています。

なお、現時点で発表しているのは、ソフトバンク、KDDI、楽天モバイルの3社で、各社のニュースリリースは下記をご覧下さい。

【追記】
その後、NTTドコモからも正式発表がありました。

また、NTT東日本と西日本も同様の措置を行うことを発表しています。

NTTドコモ
ソフトバンク
KDDI
楽天モバイル
NTT東日本
NTT西日本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。