Twitter、投げ銭機能「Tip Jar」を発表

本日、Twitterが、投げ銭機能「Tip Jar」を発表しました。

「Tip Jar」を有効化すると、アカウントのプロフィールページのフォローボタンの横に「Tip Jar」のアイコンが表示され、そのアイコンをタップするとそのアカウントが有効化している決済サービスやプラットフォームのリストが表示され、その中からお好みの決済サービスを選択するとTwitterから移動し、選択した金額分を支援することが可能になるとのこと。

現在、追加出来るサービスはBandcamp、Cash App、Patreon、PayPal、Venmoで(対応サービスは地域によって異なる)、Android版では「スペース」内でもチップを送ることが可能。

なお、「Tip Jar」でチップを送る機能は、本日より英語でTwitterを利用している全てのユーザーに導入され、iOSおよびAndroid版の公式アプリからチップを送ることが可能です。

また、「Tip Jar」のアイコンをプロフィールに追加してチップを受け取ることが出来るのは、英語でTwitterを利用している世界中の限られたユーザーで、これにはクリエーターやジャーナリスト、専門家、非営利団体などが含まれ、近いうちにより多くの人が「Tip Jar」をプロフィールに追加出来るようになる他、対応言語も拡大される予定です。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。