Google、「Pixel 6」シリーズにUWB技術を採用か

(画像はPixel 4a 5G)

UWB(超広帯域無線通信)と言えば「iPhone 11」以降に搭載され、「AirTag」の位置を正確に把握したりする為などに使用されており、Samsungなどの他のメーカーも搭載するなど、脚光を浴びつつありますが、Googleも次期フラッグシップスマホ「Pixel 6」でUWBを採用する可能性が浮上しました。

これはXDA DevelopersのMishaal Rahman氏が明らかにしたもので、Googleは「Raven」というコードネームのデバイスで、UWB APIのサポートをテストしてるといった情報を入手したとのこと。

「Pixel 6」のコードネームは「Raven」と「Oriole」が確認されており、どちらもGoogleの自社開発チップ「Whitechapel GS101」が搭載されるものとみられています。

なお、9To5Googleが閲覧した内部資料では、GoogleはQorvo社が開発したUWBハードウェアを使用していることが確認されていますが、「Pixel 6」シリーズがUWBをどのような目的で利用するのかはまだ分かっていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。