Apple、iOS向け動画作成アプリ「Clips」をアップデート ー LiDARスキャナを使用した拡張現実機能を搭載

本日、Appleが、iOS向けの動画作成アプリ「Clips」をアップデートし、最新版のバージョン3.1をリリースしています。

今バージョンでは、iPhone 12シリーズおよびiPad Pro(2020以降)でLiDARスキャナを使用した拡張現実機能が利用可能になり、変更点の詳細は下記の通り。

  • AR空間(LiDARスキャナを使用した拡張現実機能)を使用すると、部屋の輪郭にマッピングされるリアルなエフェクトを作成して、ビデオに新しい次元を追加できます
  • 虹色に輝くリボン、お祝いの紙吹雪、マジカルスターダスト、活気のあるダンスフロアなどを含む、7つのAR空間から選べます
  • AR空間で友達を録画して、部屋にいる人物にどのようにアニメーションエフェクトが適用されるかを確認できます
  • テキストラベル、ステッカー、および絵文字をAR空間と組み合わせて、ビデオをさらに個性的にできます
  • iPadでClipsを使用してセカンドディスプレイにミラーリングしているときに、ビデオのみを表示するかインターフェイス全体を表示するかを切り替えられます
  • 複数のプロジェクトを一度に選択して、それらを素早く削除または複製できます
  • iPhoneを横向きにしているときにポスターおよびラベルのテキストを編集できます
  • Clipsで新しいステッカー、ポスター、およびエフェクトがリリースされたら通知を受信できます

なお、同アプリは無料で、下記よりダウンロード可能です。

Clips

Clips

Apple無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。