Microsoft、「Office LTSC」と「Office 2021 for Mac」のプレビュー版を公開

本日、Microsoftが、「Microsoft Office Long Term Servicing Channel (LTSC) for Windows」と「Office 2021 for Mac」のコマーシャルプレビュー版をリリースしました。

これらは今年後半にリリースされる予定の永久ライセンス版の次期「Office」のプレビュー版で、「Office LTSC」は大企業や政府機関のユーザー向けとなっており、過去にリリースされたOfficeの機能に加えて、Microsoft 365 Apps for enterpriseで既に提供されている新機能の一部が含まれている他、アクセシビリティの改善、Excelの動的配列やXLOOKUPなどの機能の搭載、複数アプリでのダークモード対応、Word、Excel、Outlook、PowerPointでのパフォーマンスの向上などが行われます。

また、「Office 2021 for Mac」がサポートするOSは、macOS Big Sur、macOS Catalina、macOS Mojaveの3バージョンとなっており、Apple シリコンとIntel ベースのMacの両方をネイティブサポートしています。

なお、ダウンロード方法などの詳細は下記リンク先の通りですが、今回のプレビュー版はあくまでも企業などで一般リリースに先駆けて機能評価を行うためのもので個人では利用できないので注意が必要です。

ニュースリリース
Office LTSC プレビューの概要
Office 2021 for Macの概要

Microsoft、永久ライセンス版「Office 2021」を今年後半にリリースへ

[via MSPU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。