新型「MacBook Pro」へのMagSafe・HDMI・SDカードスロットの搭載がハッカーが盗んだと主張する資料から確認される

The Recordによると、「REvil」と呼ばれるハッカー集団が台湾Quanta Computerに侵入し、Apple製品などに関するデータを盗んだと主張しており、Quanta ComputerやAppleに対し金銭を要求するといった事件が発生しているようです。そして、9To5Macが「REvil」が公開した盗んだ資料を確認したところ、次期「MacBook Pro」に関する情報が含まれていたことが分かったそうです。

公開された資料は2021年3月の技術検証試験(EVT)段階の試作機に関するもので、コードネーム「J314」と「J316」といった2つの新型「MacBook Pro」の技術仕様が含まれており、これらの仕様書には新型「MacBook Pro」の16インチモデルのメインロジックボードの回路図やMagSafe、HDMI、SDカードスロットを搭載することが書かれているようです。

これまでも新型「MacBook Pro」にはMagSafe、HDMI、SDカードスロットが搭載されると噂されてきましが、この情報を裏付けるものとなります。

また他にも、「J374」と「J375」といった未確認モデルに関する言及も見つかっているようで、こちらはApple Silicon M1Xチップを搭載した新型「Mac mini」とみられています。

現時点でREvilが公開している他の資料には機密性が高いものは含まれていないようですが、REvilはAppleやQuantaが身代金要求に従うまで毎日新情報を暴露すると述べており、更なる新情報が流出する可能性があります。

【UPDATE】
その後、各種ポートの配置場所などの詳細が明らかになりました。

新型「MacBook Pro」へのSDカードスロットやHDMIポートの復活を著名アナリストも予測 新型「MacBook Pro 14/16インチ」に関する続報 − ディスプレイも強化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。