エヴァンゲリオンやガンダムなどがGoogle検索でAR表示可能に

Googleが、本日より「Google 検索」のAR機能に、ハローキティやガンダムなど14種類の日本でお馴染みのキャラクターたちが登場するようになったことを案内しています。

使い方は、スマートフォンでキャラクター名を検索し、「3D表示」をタップすると、キャラクターが3Dで検索結果に表示されます。表示されたキャラクターは回転や拡大したりすることが可能な他、実際の風景にも表示できるので、例えば自分の部屋に好きなキャラクターを呼ぶことも可能です。

今回、検索で表示されるようになったARのキャラクターは、ウルトラマン、ウルトラマンゼロ、ウルトラマンベリアル、ゴモラ、エヴァンゲリオン (エヴァンゲリオン初号機)、ガンダム (オデュッセウスガンダム、クスィーガンダム、ペーネロペー)、こぎみゅん、太鼓の達人、パックマン、ハローキティ、ポムポムプリン、リトルツインスターズで、こぎみゅん、ハローキティ、ポムポムプリンはおしゃべりもするようになっています。

ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。