新型「iPad Pro 12.9インチ」はミニLEDディスプレイ搭載により0.5㎜厚くなる模様

Appleは今晩に開催する発表イベントにおいて新型「iPad Pro」シリーズを発表するとみられていますが、MacRumorsが、その新型「iPad Pro」シリーズの詳細なサイズに関する情報を入手したとして公開しています。

まず、新型「iPad Pro 12.9インチ」のサイズは、高さ280.65mm、幅215mm、厚さ6.4mmとなり、厚さ以外は現行モデルとほぼ変わらず、厚さは0.5㎜厚くなります。

この厚みの増加の理由としては、噂されているミニLEDディスプレイ搭載によるものと考えられています。

また、リアカメラ部分の出っ張りのサイズも、現行モデルは27mm×27mmですが、新型は27.67mm×27.67mmと僅かに大きくなる模様。

次に、新型「iPad Pro 11インチ」のサイズは、247.6mm×178.5mm×5.9mmで、現行モデルと同じサイズになるものの、リアカメラ部分の出っ張りのサイズは変わっており、現行モデルは26.7mm×26.7mmですが、新型は25.3mm×25.3mmと少し小型化されるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。