「iPhone 14」シリーズでは5.4インチモデルは廃止か − 8K動画撮影対応の4,800万画素カメラ搭載との予測も

(iPhone 12 シリーズ)

MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、2022年に発売される次期「iPhone」のラインナップは、5.4インチモデルが廃止され、6.1インチモデルが2つと6.7インチモデルが2つの4モデル構成になると報告していることが分かりました。

これら4モデルのうち、2モデルはハイエンドモデル、残りの2モデルがローエンドモデルとなるとのことで、「iPhone 14/14 Max」と「iPhone 14 Pro/14 Pro Max」といった構成になるのかもしれません。

また、ハイエンドモデルには4800万画素のCMOSイメージセンサーが広角カメラに採用され、8Kの動画撮影が可能になると予想しています。

2 COMMENTS

匿名

iPhone miniは13が最後か…
これは、なんとしてもディスプレイ内蔵型のTouch IDを搭載してもらわないといけない。
その上で、mini筐体を使ったiPhone SE3を希望します。

返信する
匿名

13miniも出るか怪しいものだが、出してくれた方が良い事に変わりはないので値段据え置きでお願いしたい所だ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。