Microsoft、2021年4月のセキュリティ更新プログラムをリリース

本日、Microsoftが、2021年4月のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)をリリースしています。

今月の更新プログラムでは下記のソフトウェアの脆弱性などが修正され、緊急が5件、重要が5件の計10件となっている他、今月の「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」では、新たにCobaltLoader.A/IISExchgSpawnCMD.A/Kwampirsなどに対する定義ファイルが追加されています。

・Azure AD Web Sign-in
・Azure DevOps
・Azure Sphere
・Microsoft Edge (Chromium-based)
・Microsoft Exchange Server
・Microsoft Graphics Component
・Microsoft Internet Messaging API
・Microsoft NTFS
・Microsoft Office Excel
・Microsoft Office Outlook
・Microsoft Office SharePoint
・Microsoft Office Word
・Microsoft Windows Codecs Library
・Microsoft Windows Speech
・Open Source Software
・Role: DNS Server
・Role: Hyper-V
・Visual Studio
・Visual Studio Code
・Visual Studio Code – GitHub Pull Requests and Issues Extension
・Visual Studio Code – Kubernetes Tools
・Visual Studio Code – Maven for Java Extension
・Windows Application Compatibility Cache
・Windows AppX Deployment Extensions
・Windows Console Driver
・Windows Diagnostic Hub
・Windows Early Launch Antimalware Driver
・Windows ELAM
・Windows Event Tracing
・Windows Installer
・Windows Kernel
・Windows Media Player
・Windows Network File System
・Windows Overlay Filter
・Windows Portmapping
・Windows Registry
・Windows Remote Procedure Call Runtime
・Windows Resource Manager
・Windows Secure Kernel Mode
・Windows Services and Controller App
・Windows SMB Server
・Windows TCP/IP
・Windows Win32K
・Windows WLAN Auto Config Service

なお、各パッチともWindows Updateよりダウンロード及びインストールが可能です。

参考 2021年4月のセキュリティ更新プログラム (月例)Microsoft

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。