Huluが「Amazon Alexa」に対応 − Fire TVシリーズ上で音声操作が可能に

オンライン動画配信サービスのHuluが、Amazonの音声アシスタントサービス「Amazon Alexa」に対応し、明日4月9日から全ての「Fire TV」シリーズ上でHuluの音声操作が可能になることを発表しました。

全ての「Fire TV」シリーズで、Huluアプリにログインすると、音声で動画の再生、早送り、早戻し、再生中のコンテンツの一時停止などの操作や、作品の検索をすることが出来るようになり、音声操作は「Fire TV Stick」と「Fire TV Stick 4K」のAlexa対応音声認識リモコンのボタンを押して話しかける、または、ハンズフリーで利用が可能な「Fire TV Cube」や「Amazon Echo」と連動させればリモコンなしでも利用可能です。

さらに、Alexaアプリの定形アクションにHuluを設定すると、テレビをつける、電気をつけるといった動作に加え、HuluのライブTV内のニュースを流すことも出来るようになります。

Hulu アプリで再生中に利用できる音声コマンド例
■Fire TVシリーズ上のホーム画面などで、
「アレクサ、Huluでバラエティ検索して」
「アレクサ、Huluで日本のドラマを検索して」
「アレクサ、Huluで韓国ドラマを検索して」
「アレクサ、Huluでウォーキング・デッドを再生して」
「アレクサ、Huluでフォックスチャンネルを再生して」
「アレクサ、HuluでCNNを再生して」

■Huluアプリ起動時
「アレクサ、再生して」
「アレクサ、一時停止して」
「アレクサ、10分早送りして」
「アレクサ、30秒早戻しして」
「アレクサ、最初から再生して」
「アレクサ、次のエピソードを再生」
「アレクサ、前のエピソードを再生」

なお、詳細は下記リンク先をご覧下さい。

[Fire TV/Fire TV Stick]音声コマンドで何ができますか? – Hulu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。