「Surface Laptop 4」とみられるデバイスがFCCを通過

(画像はSurface Laptop 3)

Microsoftはまもなく「Surface Laptop 4」を発表するとみられており、昨日には同製品向けのドライバおよびファームウェアのダウンロードページをフライングで公開していましたが、今度は「Surface Laptop 4」とみられるデバイスがFCC(米連邦通信委員会)の認証を通過したことが分かりました。

FCCを通過したのは「C3K1979」「C3K1958」「C3K1952」「C3K1950」の4つのデバイスで、Microsoftの”ポータブルコンピューティングデバイス”となっており、機密保持の為、一部の情報しか公開されていないのですが、公開された情報からWi-Fi 6に対応していることが確認出来ます。

また、「C3K1958」と「C3K1952」の2つのモデルは、Bluetooth SIGや韓国の認証機関の認証も取得済みであることも確認されました。

なお、「Surface Laptop 4」は早ければ来週にも発表されるものとみられています。

[via Windows Latest

Microsoft、「Surface Laptop 4」をまもなく発表へ − ドライバのダウンロードページをフライングで公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。