「Nintendo Switch」の最新のファームウェアアップデートから4K出力などの新モデルに関する情報が見つかる

任天堂は年内に新型「Nintendo Switch」を発売すると噂されていますが、昨日にリリースされた「Nintendo Switch」の最新のファームウェアアップデート(Ver.12.0.0)から新型「Nintendo Switch」に関する情報が見つかったことが分かりました。

見つけたのはデータマイナーのOutmealDome氏で、1つ目は「4kdp_preferred_over_usb30」といった内部設定の追加で、これが何を意味するのかは確認出来ないものの、「Prefer 4K DisplayPort over USB 3.0(USB 3.0より4K DisplayPortを優先する)」の意味ではないかとみられており、現行の「Nintendo Switch」は映像出力にDisplayPortを仕様しているので、新型では4Kに対応することが予想出来ます。

2つ目は、今回のアップデートで「Nintendo Switch ドック」のファームウェアをアップデート出来る機能が追加されたようです。

同時に「is_crda_fw_update_supported」といった設定も追加されており、”crda”は”Cradle (Dock) for Aula”の略で、「Aula」は新型「Nintendo Switch」のコードネームであることから、新型「Nintendo Switch」のドックはファームウェアのアップデートに対応することが予想出来ます。

なお、新型「Nintendo Switch」については、ディスプレイはSamsung製の有機ELディスプレイが採用され、ディスプレイサイズは現行モデルの6.2インチより一回り大きい7インチ(1280×720ピクセル)になると言われており、これまでの情報は下記のエントリをご覧下さい。

新型「Nintendo Switch」の新しいチップは古いゲームの解像度やパフォーマンスを向上させる事が可能に?? 新型「Nintendo Switch」、NVIDIA製の新型チップ搭載でやはりDLSS対応か 新型「Nintendo Switch」は年内に発売か − 7インチの有機ELディスプレイ採用で4K出力にも対応

2 COMMENTS

匿名

FF7リマスターの3倍速にも耐えられない現行機を出してる会社が4kねえ……

返信する
匿名

パネルの大きさや種類などはただの憶測で、今回のはファームウェアに記載されているものからの推測だから
注意書きや記事は一緒にするべきではないと思うけどなぁ
憶測(根拠がなく完全な妄想)と推測(情報を基にした考察)は別物だからね

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。