「iPhone 13」シリーズに関する最新情報を著名リーカーが公開 − Touch IDや画面の常時点灯機能など

著名リーカーのMcGuire Wood氏(@Jioriku)が、今秋に発売予定の次期iPhoneこと「iPhone 13」シリーズに関する情報をTwitterで公開しています。

同氏は多数の情報をTwitterで小出しに投稿しているのですが、Appleは「iPhone 13」シリーズにはディスプレイ内蔵型のTouch IDを搭載する方向で動いており、画面内蔵型の指紋センサーは超音波方式を採用する模様。

また、Lightningポートは廃止され、それに伴うインターネットリカバリー機能の提供に向け、AppleはFinderとiTunesの修正版の開発を承認したようです。

さらに、ノッチは小型化され、以前に流出したフロントガラスパネルは本物であることを確認した他、ディスプレイの常時点灯機能も搭載に向けて開発が進められており、ユーザーはwatchOSベースのコンプリケーションを追加可能で、常時表示可能なのは時刻と通知だけではないとのこと。

他にも、「iOS 15」では「macOS Big Sur」からヒントを得た新しいコントロールセンターのデザインが採用される予定の他、「iPhone 13」シリーズのProモデルにはストレージ容量が1TBのモデルが用意される可能性があるそうです。

ただ、これらの情報はあくまでAppleが採用に向けて承認した機能などで、最終的に採用されない可能性もあるようです。

「iPhone 13」とされるモックアップが早くも登場 − ノッチは横幅が小さくなる?? 「iPhone」のポートレス化に向けてAppleが開発中のインターネットリカバリー機能の情報が明らかに 次期「iPhone」の画面内蔵型Touch IDは超音波式センサー式に?? − 光学式採用は安全性の問題で断念か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。