新型「Apple TV」は120Hzのリフレッシュレートに対応か − 「tvOS 14.5 beta」のコードからヒントが見つかる

Appleは新型「Apple TV」を準備中と噂されていますが、9To5Macによると、「tvOS 14.5 beta」に新型「Apple TV」が120Hzのリフレッシュレートに対応する可能性を示唆するコードが見つかったことが分かりました。

「tvOS 14.5 beta」の「PineBoard」(Apple TVのインターフェイスをコントロールするシステム)で「120Hz」や「supports120Hz」といった記述が見つかっており、Appleが内部的に同機能のテストを行っていることが考えられます。

ただ、120Hz対応はソフトウェアだけでなく、HDMIポート(HDMI 2.1)の対応も必要で、現行モデルは4K/60Hzに対応したHDMI 2.0のポートしか搭載されていない為、現行モデルがアップデートで120Hz対応となることはなさそうです。

また、120Hzに対応したディスプレイも必要で、恐らく、一部のゲームアプリなど向けに用意されているものと予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。