Googleの「Wear OS」を搭載した初の「G-SHOCK」が登場 − 5月15日に発売へ

本日、カシオが、Googleの「Wear OS」を搭載した初の「G-SHOCK」である『GSW-H1000』を5月15日に発売すると発表しました。

「GSW-H1000」は、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」のスポーツラインである「G-SQUAD」の新製品となっており、耐衝撃性や20気圧防水といった「G-SHOCK」ならではのタフネス性能を備えながら「Wear OS by Google」を初搭載したスマートウオッチとなっています。

また、スポーツに特化した「G-SQUAD」シリーズの最上位モデルとして、ランニングや屋内ワークアウト、ロードバイク、水泳から、サーフィンやスノーボードなどのエクストリームスポーツまで、幅広いシーンで活躍する他、心拍計測が可能な光学式センサーに加え、方位・高度/気圧・加速度・ジャイロセンサーやGPSを搭載し、距離、速度、ペースなど運動をサポートするデータの計測も可能です。

ディスプレイは、時刻などの常時表示に適したモノクロ液晶と、地図・計測情報などを高精細に表示するカラー液晶を重ねた二層構造ディスプレイを採用しており、用途によって表示する情報を上中下の3段でカスタマイズできるインターフェイスを採用し、カラーディスプレイを活かして視認性を高め、複数の情報を手元で簡単に把握することが可能となっています。

なお、カラーはブラック×ブルー、ブラック、レッドの3色で、価格は88,000円(税込)となります。

製品ページ – カシオ
ニュースリリース

<GSW-H1000の主な仕様>

  • 構造:耐衝撃構造
  • 防水性能:20気圧防水
  • ディスプレイ:1.2インチ、2層液晶、カラーTFT液晶(360×360ピクセル)+モノクロ液晶
  • タッチパネル:静電容量式タッチパネル(防汚コーティング対応)
  • GPS:搭載(GPS、GLONASS、みちびき対応)
  • カラー地図機能:搭載(オフライン対応、最大5か所まで保存可能)
  • センサー:光学式(心拍計)、磁気(方位)、圧力(高度/気圧)、加速度、ジャイロ
  • マイクロフォン:搭載
  • バイブレーター:搭載
  • 無線:Bluetooth® V4.2(Low Energy対応)、Wi-Fi(IEEE802.11 b/g/n)
  • ボタン:電源ボタン、APPボタン、STARTボタン
  • バッテリー:リチウムイオン電池
  • 充電方式:マグネット圧着式充電端子
  • 充電時間:常温で約3時間
  • バッテリー持続時間(通常使用):約1.5日
  • バッテリー持続時間(時計とセンサーのみ):約1ヶ月
  • 本体サイズ:約65.6×56.3×19.5mm
  • 質量:約 103g(バンド含む)
  • OS:Wear OS by Google
  • 対応携帯電話:最新版のAndroidまたはiOSを搭載するスマートフォン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。