Apple、独立系修理業者認定プログラムを日本などでも提供開始へ

本日、Appleが、同社が提供する「Independent Repair Provider プログラム」が間もなく、Apple製品が販売されている世界200以上の国·地域の大半で利用できるようになると発表しました。

同プログラムは、事業規模を問わず修理業を営むサービスプロバイダーが、Appleより純正の部品、専用器具、修理マニュアル、診断プロセスの提供を受け、Apple製品に対する安心かつ信頼できる修理を実施するための取り組みで、2019年より提供が開始され、現在は米国、カナダ、欧州でのみ利用可能となっています。

同プログラムへの参加は費用はかからないものの、同プログラムに基づく修理サービスを実施する専任のApple認定技術者を置くことが求められており、プログラム参加資格を得たサービス事業者はAppleの純正部品と専用治具を購入し(Apple正規サービスプロバイダ向けと同価格)トレーニング、修理マニュアル、診断プロセス等のマテリアルを無料で利用できるようになります。

なお、日本での参加受付は今週後半より開始され、詳細は下記リンク先をご覧下さい。

ニュースリリース
Independent Repair Provider Program

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。