「macOS Big Sur 11.3 beta」から新型「iMac」の機種IDが見つかる

Appleは今年後半にApple シリコンを搭載しデザインを刷新した新型「iMac」シリーズを発売すると噂されていますが、9To5Macによると、「macOS 11.3 beta」からその新型「iMac」とみられるデバイスに関する記述が見つかったことが分かりました。

「macOS 11.3 beta」のコード内から見つかったのは機種ID「iMac21,1」と「iMac21,2」で、両機種IDともに未発表モデルとなっており、今年初めにBloombergがApple Siliconを搭載した新型「iMac」のコードネームは「J456」と「J457」であると報じていましたが、この機種IDとコードネームが同じモデルであることが確認された模様。

Appleは最近になって「iMac Pro」の販売を終了したり、「iMac 21.5インチ」の高容量SSDオプションの提供を終了したりしており、新型「iMac」の発売に向けて色々と動いていることは確かなようです。

Appleシリコン搭載「iMac」とみられるデバイスがXcodeのクラッシュログに登場 新型「iMac」はカラフルなカラーラインナップに?? − 「Mac Pro mini」のレンダリング画像も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。