Google、「Google Play ストア」の開発者手数料を15%に引き下げへ

本日、米Googleが、「Google Play ストア」でアプリ開発者から徴収している手数料を見直し、15%に引き下げることを発表しました。

現在、「Google Play ストア」で販売する有料アプリの開発者から徴収している手数料は30%となっていますが、2021年7月1日以降は年間100万ドル(約1億900万円)の売上高までは15%に引き下げされます。

また、売上高が100万ドルを超えた場合は、100万ドル以上の売上高に対し30%が徴収される形となり、基本的に全ての開発者が対象となっています。

Appleも昨年11月に同様の措置を発表していますが、Appleの場合は売上高が100万ドル以下の開発者だけを対象としたもので、年間の売上高が100万ドル以上ある開発者は非対象となっています。

公式ブログ – Google
サービス手数料 – Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。