「Apple マップ」が新型コロナウィルスのワクチン接種場所の表示に対応(米国のみ)

本日、Appleが、米国において、「Apple マップ」で新型コロナウィルス(COVID-19)のワクチン接種場所の表示に対応したことを発表しました。

Siriに尋ねるか、Apple マップ内で検索すると、米国内の近くの新型コロナウィルスのワクチン接種場所が表示されるようになっており、接種場所の営業時間や重要な情報へのリンクも同時に表示されるようになっています。

これにより、Apple マップのユーザーは、新型コロナウィルスのワクチンを提供する最寄りの薬局や医療機関を素早く見つけることが可能になりました。

ニュースリリース(英語)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。