MS、「Windows 10」の印刷時ブルースクリーン問題を修正するパッチを配信開始

先日、Microsoftがリリースした2021年3月のセキュリティ更新プログラムを適用した一部環境で特定のプリンターで印刷しようとすると「APC_INDEX_MISMATCH」というエラーが発生してクラッシュし、BSOD(ブルースクリーン)になる重大な問題が確認されていることをお伝えしましたが、本日、Microsoftが同問題を修正する更新プログラム(KB5001567)をリリースしています。

「KB5001567」はWindows Updateの”オプションの品質更新プログラム”としてリリースされており(Windows 10 バージョン20H2の場合)、直接のダウンロードリンクはこちらとなっています。

また、古いバージョンの「Windows 10」を利用しているユーザー向けにも同様の更新プログラムがリリースされており、各バージョンとそのKB IDは下記の通りで、Windows Updateよりアップデート可能です。

・Windows 10 version 20H2/2004:KB5001567
・Windows 10 version 1909/1903:KB5001566
・Windows 10 version 1809:KB5001568
・Windows 10 version 1803:KB5001565

なお、これら更新プログラムは現時点では手動で適用する必要がありますが、4月13日(日本時間4月14日)にリリース予定の4月の月例更新プログラムに含まれる予定です。

[via Windows Latest

「Windows 10」、3月の月例パッチに不具合 − 特定のプリンターで印刷するとブルースクリーンエラーに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。