「iPhone 13」はノッチが小型化され、画面内蔵型のTouch IDを搭載か − Barclaysのアナリストが予測

MacRumorsによると、Barclays Researchのアナリストが、本日公開した投資家向けの報告書で、今年後半に発売される「iPhone 13」はFace IDに加え、ディスプレイ内蔵型のTouch IDを搭載する可能性が高いと報告していることが分かりました。

また、Barclays Researchのアナリストは、「iPhone 13」ではノッチが小型化され、LiDARスキャナは依然として「iPhone 13 Pro」シリーズのみへの搭載に限定されるだろうと予測しており、さらに2022年にはより大きな変化が起こる可能性が高く、Face IDのシステムがより小型化されるものと予想されています。

なお、Touch IDについては、先月に著名リーカーのJon Prosser氏も「iPhone 13」ではTouch IDが復活することを明らかにしていますが、これがディスプレイ内蔵型なのか、「iPad Air (第4世代)」のような電源ボタン内蔵型なのかは明らかにされていませんでした。

これまでの情報からAppleがディスプレイ内蔵型のTouch IDをテストしている可能性は高そうですが、実際に搭載されるのかどうかはもう少し様子を見てみないと何とも言えないのが現状です。

「iPhone 13」にはTouch IDが復活か − 著名リーカーが明らかに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。