macOS向け「Microsoft Edge」、アップデート方法を変更へ

本日、Microsoftが、macOS向け「Microsoft Edge」のアップデート時の体験を改善することを発表しました。

現在、macOS向け「Microsoft Edge」のアップデートは、「Office」の各アプリのアップデートにも使用されているMicrosoft AutoUpdateを利用する仕組みとなっていますが、ユーザーからのフィードバックに基づき、Windowsなど他のプラットフォームと同じような形に変更されます。

現在の方法では、「Microsoft Edge」の設定(edge://settings/help)に表示される内容とMicrosoft AutoUpdateの内容が一致しないことがあったり、アップデートに時間を要するといった声が多かったようです。

今後はバックグラウンドでダウンロードおよび更新を行い、その後、再起動を行うとアップデートの適用を待たずに即座にアップデート済みのバージョンで再起動するようになります。

なお、この変更は既にIntel Mac向けCanaryビルドの最新版(90.0.816.0以降)で利用可能となっており、M1 Mac向けのCanaryビルドでもまもなく利用可能になる予定とのことで、一般向けの提供はもう少し先になります。

[via Thurrot.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。