ミニLEDディスプレイ搭載の新型「iPad Pro 12.9インチ」は早ければ3月末に発売か

MacRumorsによると、DigiTimesが、ミニLEDディスプレイを搭載した「iPad Pro 12.9インチ」は3月末もしくは4月に発売予定と報じていることが分かりました。

これはタッチパネル大手の台湾GISが中国の成都工場で新製品の生産能力を拡大する計画を立てているとの報道の中で明らかにされたもので、その新製品の1つが3月末もしくは第2四半期初め(4月)に発売予定のミニLEDディスプレイを搭載した「iPad Pro 12.9インチ」になるとのこと。

これ以上の詳細は明らかにされていないものの、Appleは現地時間3月23日に発表イベントを開催すると言われており、そのイベントで新型「iPad Pro 12.9インチ」が発表されるものとみられています。

なお、これまでの情報ではミニLEDディスプレイの搭載は12.9インチのみで、11インチは従来と同じ通常の液晶ディスプレイになると言われています。

台湾Ennostar、「iPad Pro 12.9インチ」向けミニLEDバックライトユニットをまもなく生産開始か 次期「iPad Pro」は筐体デザインに変更はなく、ミニLEDディスプレイは12.9インチのみに??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。