iOS向け「Office」アプリ、次期アップデートでマウスやトラックパッドのサポートを改良へ

Microsoftが現地時間3月3日付けでiOS向け「Office」アプリの最新のプレビュー版」(バージョン 2.47)をリリースしており、マウスやトラックパッドでの操作の改良が加えられることが分かりました。

同社が公開しているリリースノートによると、本バージョンでは、「iPad」でマウスやトラックパッドを使用するユーザーは、マウスやトラックパッドでの操作用に設計された新しいコンテキストメニューにアクセスすることが可能となっており、便利なコマンドに素早くアクセスすることが可能です。

他にも、WordではDictation(ディクテーション)機能の対応言語が追加されており、新たにヒンドゥ語、ロシア語、ポーランド語、ポルトガル語(ポルトガル)、韓国語、タイ語、中国語(台湾)が利用可能で、今後もさらに多くの言語を追加していくとのこと。

リリースノート(英語)

[via MSPU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。