Apple Silicon搭載「iMac」をAppleよりも先に作ってしまった強者現る

Appleは今年後半にもApple Siliconを搭載し、デザインを刷新した新型「iMac」シリーズを投入すると噂されていますが、その本家の発表を前に世界で初めてApple Silicon搭載「iMac」を自作してしまった強者が現れました。

世界初のApple Silicon搭載「iMac」を自作したのはYouTuberのLuke Miani氏で、同氏はM1チップ搭載「Mac mini」と「iMac 27インチ(2011)」の筐体を利用して、Apple Silicon搭載「iMac」を自作する様子を撮影した動画を公開しています。

方法は「iMac 27インチ(2011)」の筐体の内部にM1チップ搭載「Mac mini」の中身をごっそり移植し、「iMac」のディスプレイに接続するための部品などを取り寄せて実現しています。

ただ、初回起動時にマウスとキーボードが接続出来ず、Wi-Fiの速度が非常に遅いといった問題が発生したようで、原因は「Mac mini」を分解した際に3つあるアンテナのうちの1つが移植出来なかった為で、これについては「iMac」の筐体の中にあった金属製のアンテナバンドを再利用することで解決したとのこと。

また、もう1つの問題は、このApple Silicon搭載「iMac」には外部ポートが1つもないことで、基本的にBluetoothで接続するしかないようです。

[via 9To5Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。