DJI、新型ドローン『DJI FPV』を発表 − 没入感あふれる飛行体験を提供

本日、DJIが、没入型飛行を体験可能な新型ドローン「DJI FPV」を発表しました。

「FPV」はFirst Person View(一人称視点)の略で、「DJI FPV」のカメラが映している映像は付属のヘッドセット「DJI FPVゴーゴルV2」に伝送され、ユーザーはドローンのカメラが映す映像をリアルタイムで見ることができ、没入型飛行を体験可能です。

カメラは最大120Mbpsの4K/60fps動画を撮影可能で、視野角は150fovとなっており、新しい伝送システム「DJI O3(OcuSync 3.0)」を搭載し、最大ビットレート50Mbpsの高解像映像を、28ミリ秒以下の遅延でヘッドセットに伝送可能で、伝送距離は最大6kmとっています。

また、機体はモジュラー設計で、ジンバルカメラ、ランディングギア、トップシェルは全て簡単に交換できるため修理がし易く、フロントLEDとカスタマイズ可能なアームライトを搭載しています。

さらに、底部補助ライト、スマートRTH (Return-to-Home)、ローバッテリーRTH、前方&下方障害物検知といった安全機能や、どんなにダイナミックな飛行に挑戦しても、驚くほど滑らかな映像を撮影可能なRockSteady映像ブレ補正機能なども搭載されています。

なお、価格は154,000円からで、公式オンラインストアで購入可能です。

DJI FPV – DJI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。