Apple、全米の直営店を約1年ぶりに営業再開 − 残るはフランスとブラジルのみ

9To5Macによると、Appleが約1年ぶりに全米にある270の全ての直営店の営業を再開したことが分かりました。

全米の直営店は今から353日前の昨年3月13日に閉鎖され、これまでの間に一部地域では営業を再開したり、また閉鎖したりを繰り返してきましたが、270の全店舗が揃って営業を再開するのは約1年ぶりとなります。

ただ、営業を再開したといっても、一部ではサービス内容がオンライン注文の受け取りと予約制のジーニアスバーのみに限られている店舗もあり、完全な営業再開にはまだ時間が掛かりそうです。

なお、全世界でみるとフランスとブラジルの12店舗がまだ閉鎖されたままとなっており、メキシコの直営店は本日より営業が再開されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。