M-SOUNDS、スリムボディと表現豊かな低音が特徴の新型完全ワイヤレスイヤホン「MS-TW11」を発売

エム・エス・シーが、M-SOUNDSブランドからスリムボディに表現豊かな低音をプラスした新型完全ワイヤレスイヤホン「MS-TW11」を発売しました。

本製品は、スリムな形状でありながら迫力のあるサウンドが魅力のワイヤレスイヤホンで、6mm径のダイナミックドライバーにチューニングを施し、最大ボリュームが同社の「MS-TW21」と比べて10dBアップしているのが特徴。

イヤホン本体は装着感を感じさせない片耳わずか5gの小型軽量ボディで、充電ケースも厚み2.6cmの薄型タイプなので持ち運びにも適しています。

バッテリーは連続再生時間がイヤホン単体で最大約11時間、ケース充電込みで最大約30時間となっており、クイックチャージに対応し、15分の充電で約1.5時間の使用が可能です。また、本体はIP54相当の防水・防塵性能を搭載するほか、ボタン型リチウムポリマー電池の採用により耐衝撃性能もアップしています。

BluetoothはVer.5.1 Class2、コーデックはSBC/AAC/aptXに対応し、Qualcomm社の高性能SoCと高感度アンテナを搭載することで、通信の安定性が確保されており、カラーはブラックパール/クリスタルレッド/コバルトブルー/ローズゴールドの4色展開。

なお、芯材とドーム部分で異なる硬度のシリコンを組み合わせたハイブリッドイヤーピースが2種類付属しており、価格は6,300円(税抜)で、Amazonや楽天市場などで購入可能です。

公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。