au、「povo」を3月23日より提供開始 − 細かな条件も明らかに

本日、KDDIが、オンライン専用の新料金ブランド「povo」の提供を3月23日より開始すると発表しました。

「povo」は、月間データ容量20GBを月額2,480円で利用できるオンライン専用の新料金ブランドで、追加トッピングとして、200円の追加料金で申込みから24時間データ通信が使い放題となる「データ使い放題 24時間」や月額500円で5分間までの国内通話が無料で利用できる「5分以内通話かけ放題」などが提供され、5G通信には今夏に対応予定です。

今回新たに明らかになったのは、契約可能な年齢は20歳以上で、国際ローミングは提供予定、auスマートバリューとスマイルハート割引は割引対象外などで、auで販売しているスマートフォンに対応しているため、対象機種を利用中のユーザーは、端末を買い替えることなくそのまま利用可能で、auスマートフォンの購入代金を分割で支払っている場合も、auから「povo」に移行可能で、分割支払に関する契約の支払い条件などにも変更はないとのこと。

また、「povo」はauの「家族割プラス」の家族人数のカウント対象外となりますが、2021年夏までに「povo」を契約したユーザーについては、早期申込特典として「家族割プラス」の家族人数のカウント対象になるとのことで、例えば、3人家族で2人がauの「使い放題MAX 5G」を契約し、1人が「povo」を早期申込特典期間に契約した場合、「家族割プラス」の割引が適用されるユーザーの割引額は、auを3回線契約している場合と同様になります。
(細かな条件の詳細はニュースリリースをご覧下さい)

なお、サービス開始の前日までに申込み、5月31日までに契約すると3,000円相当のau PAY残高がプレゼントされる「povo先行エントリーキャンペーン」も実施されており、先行エントリーは下記の公式サイトより可能です。

povo – 公式サイト
ニュースリリース

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。