「Android 12」の開発者向けプレビューから「Google Pixel 6」の新機能を予測

先日、Googleが「Android 12」の開発者プレビュー版である「Android 12 Developer Preview 1」をリリースしましたが、その「Android 12 Developer Preview 1」で見つかった情報から同社の次期フラッグシップスマホ「Pixel 6」の機能が推測されています。

これはXDA-DeveloperのMishaal Rahman氏が行っているもので、まず「Android 12 Developer Preview 1」の設定アプリでは顔認証と指紋認証の両方を搭載したデバイスに対応する準備が進められているようで、「Pixel 6」には両センサーが搭載されるのではないかと予測されています。

また、「Android 12」ではディスプレイ内蔵型指紋センサーのネイティブ対応も追加される予定で、一部のAndroid搭載デバイスではディスプレイ内蔵型指紋センサーが早くから搭載されていたにも関わらず、OS側でネイティブ対応をしてこなかったのですが、今になって対応するのは「Pixel 6」の為ではないかともみられています。

さらに、「Android 12」では片手操作モードがサポートされる予定で、これについてもこれまでOS標準で片手操作モードが搭載されてこなかったのにも関わらず、今になって追加されるのはGoogleがスマホのサイズについて再考していることを示唆しているのではないかとみられており、「Pixel 6」シリーズではより大型の「Pixel 6 XL」が用意される可能性があると予測されています。

ただ、これらはあくまでコードや新機能からの推測に過ぎず、「Pixel 6」が実際にどのような仕様になるのかはもう少し待つしかなさそうです。

[via BGR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。