Twitter、やはりサブスクリプションサービスを開発中か − 人材募集から明らかに

先日、Twitterが広告収入への依存度緩和のために公式クライアントアプリ「TweetDeck」の有料化やサブスクリプションサービス(定額制サービス)の提供を検討しているようだとお伝えしましたが、9To5Macによると、同社がサブスクリプションサービスに関するエンジニアを募集していることが分かりました。

同社はサブスクリプションサービスに関するiOS/Androidアプリのソフトウェアエンジニア(1/2)などで、米ニューヨークや英ロンドンなど複数の地域で人材を募集しており、ここ10日間ほどの間に多数のサブスクリプションサービスに関する人材募集が提示されています。

なお、先日の情報では、同社は数年前からサブスクリプションサービスを検討していたと言われており、ここにきて開発を活発化させている可能性があります。

(Twitterの人材募集のタイトルの一覧)

Twitter、広告への依存度緩和の為に「TweetDeck」の有料化など様々な有料オプションを検討か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。