Microsoft、「Windows 10」の次期機能アップデート「21H1」を正式発表

本日、Microsoftが、「Windows 10」の次の機能アップデートである「バージョン 21H1」を正式に発表しました。

「Windows 10 21H1」では、Windows Hello」のマルチカメラ対応により、カメラを内蔵したハイエンドのディスプレイを使用している場合、ユーザーが外部カメラの優先順位を選択できるようになる他、ドキュメントを開くといったユースケースを最適化し、「Windows Defender Application Guard」のパフォーマンスが向上します。

また、「Windows Management Instrumentation Group Policy Serviceの更新が改善されます。

なお、「Windows 10 21H1」の正式リリースは2021年上半期後半の予定で、本日よりWindows Insider ProgramのBetaチャネルでの配信が開始され、正式リリース時期が近づくにつれ改めて詳細な情報を提供する予定とのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。