「Android 12」の内部開発コード名は「Snow Cone (かき氷)」か

XDA Developersによると、Googleの次期Androidこと「Android 12」の内部開発コードネームは「Snow Cone(かき氷)」であることが分かりました。

Googleは昔から「Android」の名称にお菓子やデザートの名前を採用していたものの、2019年の「Android 10」からはその命名ルールを廃止しています。

ただ、内部的にはコードネームに引き続きお菓子やデザートの名称を採用しており、現行バージョンの「Android 11」は内部的には「Red Velvet Cake(レッド・ヴェルヴェット・ケーキ)」と呼ばれており、次期バージョンの「Android 12」では「Snow Cone(かき氷)」になるようです。

なお、「Android 12」に関する情報もいくつか明らかになっており、OS標準での片手操作モードへの対応大規模なデザイン刷新やテーマ機能の改良などが行われるようです。

(Android 12とされるスクリーンショット)

「Android 12」のスクリーンショットが流出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。