「iPhone 13 Pro」シリーズのディスプレイ、LTPO技術採用で最大120Hzの可変リフレッシュレートに対応との情報が再び

以前より次期「iPhone」こと「iPhone 13」シリーズの上位2モデルには低温多結晶酸化物(LTPO)の技術を採用した有機ELディスプレイが採用されると噂されていますが、ハイテク産業市場動向調査会社の英Omdiaも同様の調査報告を行っていることが分かりました。

Omdiaの情報筋によると、「iPhone 13」シリーズにはLTPO技術を搭載した有機ELディスプレイが採用される見込みで、Samsung DisplayとLG Displayの2社は「iPhone 13」シリーズ向けにLTPOを採用したディスプレイバックプレーンの供給を行う準備が出来ているとのこと。

LTPO技術を用いた有機ELは「Apple Watch」に採用されており、低温多結晶シリコン(LTPS)と酸化物の利点を組み合わせた薄膜トランジスタ(TFT)で、リフレッシュレートを1~120Hzで切り替えることが出来る可変リフレッシュレートが可能になり、消費電力を大幅に削減可能と言われています。

なお、LTPO技術を採用した有機ELディスプレイが搭載されるのは、「iPhone 13」シリーズでも”Pro”モデルの「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」と言われています。

参考 消息称iPhone 13将采用LTPO背板 支持120Hz高刷cnBeta 「iPhone 13 Pro」シリーズの有機ELパネルはSamsungが独占供給か − 120Hzのリフレッシュレートに対応 「iPhone 13」シリーズ、Proモデルは120Hzディスプレイを搭載か

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。